トップ > 記事一覧 > 成田空港と菅原工芸硝子がタッグを組み、SDGsを実現するリサイクルガラスの限定グラスNRT×Sghr Recycle glass」を発売!
2024.07.03

成田空港と菅原工芸硝子がタッグを組み、SDGsを実現するリサイクルガラスの限定グラスNRT×Sghr Recycle glass」を発売!

株式会社グリーンポート・エージェンシーと菅原工芸硝子株式会社は、素材にリサイクルガラスを用いたグラスを共同で製作しました。使用されたリサイクルガラスは、菅原工芸硝子の製造過程で発生する色が混ざったガラス片を再利用したもので、成田空港の環境保護への取り組みと見事に合致しています。このグラスは、成田空港オリジナルのエシカルクラフトジン「Cloud9」の香りを一層引き立てるデザインとなっており、底から口に向かって広がる形状が特徴です。

「NRT×Sghr Recycle glass」は、リサイクルガラスの特性を生かし、職人が手作業で仕上げた唯一無二のグラスです。成田空港オリジナルクラフトジン「Cloud9」との相性も抜群で、ジンの豊かな香りを引き立て、より美味しく楽しむことができます。限定100個のため、希少価値も高く、自宅用としてはもちろん、ギフトとしても最適です。この特別なグラスを手に入れることで、エシカルな消費を実践し、環境保護に貢献することができます。

この限定グラスは、航空科学博物館、成田空港内のFa-So-La TAX FREE AKIHABARA、そしてNARITA AIRPORT ONLINE SHOPで購入可能です。エシカルな消費を実践し、限定アイテムを手に入れるチャンスをお見逃しなく!公式サイトからのご購入はこちら:NARITA AIRPORT ONLINE SHOP


NRT×Sghr Recycle glassの背景と特長

このプロジェクトは、成田国際空港の環境保護への取り組みと、菅原工芸硝子のリサイクル活動の融合から生まれました。菅原工芸硝子は、ガラス製品の製造過程で発生する色が混ざったガラス片を再利用し、「Sghr Recycle」として製品化しています。この環境への配慮が評価され、今回のコラボレーションが実現しました。グラスのデザインは、成田空港オリジナルのエシカルクラフトジン「Cloud9」の香りをより引き立てるよう設計されています。エシカルクラフトジン「Cloud9」の香りを引き立てる特別なグラスが、限定100個で登場です。

商品情報

素材:リサイクルガラス
本体サイズ:67×115H(mm) 10Oz(約300ml)
箱サイズ:80×80×150H(mm)
販売個数:100個
価格:5,500円(税込)
製作:菅原工芸硝子株式会社
販売:株式会社グリーンポート・エージェンシー

販売場所

成田空港オリジナルクラフトジン「Cloud9」

「Cloud9」は、酒々井町の酒蔵・飯沼本家の酒粕をアップサイクルした原酒と、成田空港の伐採木や地域のローカル素材を使用したエシカルなクラフトジンです。エシカル・スピリッツ株式会社と共同開発され、サステナブルな生産と再生型蒸留所の運営を行っています。

成田空港の環境への取り組み

成田国際空港は「サステナブルNRT2050」を策定し、持続可能な発展を目指しています。限りある資源の有効活用を推進し、リサイクルガラスを使用した今回のコラボレーションもその一環です。

菅原工芸硝子株式会社の紹介

1932年創業の菅原工芸硝子は、千葉県九十九里町に工房を構え、伝統工芸士による手仕事でガラス製品を製作しています。食器類、花器、アクセサリーなど多岐にわたる4000種類以上の製品を提供し続けており、環境への配慮も忘れません。

代表者:菅原裕輔
所在地:千葉県山武郡九十九里町藤下797
会社HP:菅原工芸硝子株式会社

あうんエシカル百科店編集部コメント

成田空港と菅原工芸硝子のコラボレーションは、エシカル消費と環境保護を推進する素晴らしい取り組みです。このプロジェクトでは、リサイクルガラスを使用した限定グラス「NRT×Sghr Recycle glass」が発売され、エシカルクラフトジン「Cloud9」の香りを引き立てるデザインとなっています。成田空港が目指す持続可能な空港運営と、菅原工芸硝子のリサイクル活動が見事に融合した結果、生まれたこのグラスは、まさにサステナビリティの象徴と言えるでしょう。

「NRT×Sghr Recycle glass」は、ガラス製品製造過程で発生する色混じりのガラス片を再利用して作られており、職人の手仕事による一つひとつ異なる模様が魅力です。リサイクルガラスの特性を活かしたこのグラスは、希少性が高く、エシカルなライフスタイルを志向する人々にとって、非常に価値のあるアイテムです。また、成田空港オリジナルクラフトジン「Cloud9」との組み合わせは、ジンの香りを一層引き立て、美味しさを最大限に引き出す設計となっています。

この取り組みは、単なる商品販売にとどまらず、エシカル消費と環境保護の重要性を広く認識させるものです。成田空港は「サステナブルNRT2050」を掲げ、限りある資源の有効活用を推進しており、今回のコラボレーションもその一環です。菅原工芸硝子のリサイクルガラスの取り組みと合わせて、両社の環境への配慮が消費者に伝わり、エシカルな選択を促進することを期待しています。

消費者にとって、限定100個という希少性も大きな魅力です。航空科学博物館や成田空港内のショップ、オンラインショップで購入できるため、ぜひこの機会を逃さず手に入れてください。このグラスを手にすることで、エシカルな消費を実践し、環境保護に貢献する一歩を踏み出すことができます。エシカル消費の輪を広げ、持続可能な未来を共に築いていきましょう。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連記事