トップ > 記事一覧 > 【6月は環境月間】オイシックス・ラ・大地株式会社がエコなトマトのご紹介
2024.06.24

【6月は環境月間】オイシックス・ラ・大地株式会社がエコなトマトのご紹介

家庭から出た「野菜くず」を活用して作られた有機肥料で栽培された「エコなトマト」を販売。家庭ごみ削減・資源の再利用・美味しい野菜の育成で3方良し!サーキュラーエコノミーの取り組み

エコなトマトの特徴

会員さんと一緒につくったエコなトマト

らでぃっしゅぼーやでは、2001年から家庭の野菜くずを再利用する「エコキッチン倶楽部」を運営しています。各家庭で専用の乾燥機を使って処理した野菜くずを回収し、契約生産者のもとで有機肥料に加工。これを使って育てた農産物を再び会員の皆様にお届けするエコロジカルな循環システムです。

エコキッチン倶楽部のメリット

販売情報

お客様から送られてきた「野菜くず」を活用した有機肥料が作られる様子

サーキュラーエコノミー推進プロジェクト「ぐるぐるRadish」とは?

エコキッチン倶楽部は、らでぃっしゅぼーやの「ぐるぐるRadish」プロジェクトの一環です。このプロジェクトは、家庭から出る生ごみを再利用し、循環型経済を推進する取り組みです。家庭ごみの削減や環境保全型農業の支援により、持続可能な社会の実現を目指しています。

さらに詳しく知りたい方へ

食品宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」について

食品宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」について

 1988年に設立。有機・特別栽培野菜、添加物を控えた加工食品、環境にやさしい日用品等の個別宅配事業を展開し、現在会員数は70,582人(2024年3月末時点)です。安心・安全にこだわった、持続可能な社会の実現を目指した商品、サービス開発を行っています。旬のおすすめ野菜の詰め合わせボックス『めぐる野菜箱』と、伝統野菜や見た目が面白い野菜『いと愛(め)づらし名菜百選』シリーズを取り扱っています。

コラム: エコなトマトの生産について

エコなトマトをお楽しみいただき、持続可能な未来に貢献しましょう。

あうんエシカル百科店編集部コメント

家庭から出る野菜くずを再利用し、有機肥料として活用することで、家庭ごみ削減、資源の再利用、美味しい野菜の育成という三拍子揃った取り組みを続けるらでぃっしゅぼーや。特に6月から販売される「エコなトマト」は、この循環型経済(サーキュラーエコノミー)の象徴ともいえる商品です。

「エコキッチン倶楽部」で集められた家庭の野菜くずは、多様な原材料が混ざり合うことで、栄養豊かな肥料となります。これにより育った野菜は、味も栄養価も高く、初夏の太陽をたっぷり浴びたトマトは格別です。生ごみを乾燥させて畑に戻すことで、CO2排出量の削減にもつながり、環境に優しい取り組みと言えます。

らでぃっしゅぼーやの「ぐるぐるRadish」プロジェクトは、家庭ごみの削減や持続可能な農業支援を目指し、多くの家庭が参加しやすい形で進められています。このプロジェクトにより、家庭での食品廃棄物が有効に再利用され、持続可能な社会の実現に一歩近づいています。

実際にエコなトマトを手に取ると、その背景にあるエコロジカルな取り組みが見えてきます。家庭ごみがリサイクルされ、栄養豊かなトマトとして再び食卓に並ぶというサイクルは、私たち一人一人が参加できるエコ活動の一例です。

今回のエコなトマトの販売期間は6月24日から7月5日。数量限定のため、早めの購入がおすすめです。家庭から出る野菜くずがこんなに素晴らしい形で再利用されることに、驚きと感動を覚えるでしょう。環境に優しく、美味しいトマトをぜひこの機会に味わってみてください。

エコなトマトを食べることで、私たちも持続可能な未来に貢献できる。そんな小さな一歩が、大きな変化を生むことを実感させてくれる取り組みです。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連記事